アニメ声優になるために必要なことは?

アニメに関わる仕事には色々なものがありますが、その中でも多くの人が憧れているのが声優です。

 

アニメ制作に関わる職業の中でも最も華があり、キャラクターに声を吹き込んだり、イベントで活躍したり、歌を歌ったりする姿はとても楽しそうです。

 

大好きなアニメに声優として関わることができるようにするためには、どんなことからはじめれば酔うのでしょうか? また、普段はどんなことを心がけていればよいのでしょうか?

 

「若さ」が何よりも武器になる

声優になるためには、ともかく若ければ若いほど有利になります。
「声優になりたい!」と強く思うのなら、今日からでも行動をはじめることが大切です。

 

アフレコ現場でもレッスンの現場でも、声優業界はどんどん若い人が増えています。
中学生や高校生が制服のままスタジオにいるのは珍しいことではありません。中には小学生もいます。

 

特に最近は「アイドル声優」として10代のうちから売り出すケースが多いです。16、7歳でアイドル声優としてデビューすることを目指すとなると、中学生のうちから演技や歌、ダンスなどのレッスンが必要になります。

 

もちろん、今でも社会人を経験してから声優を志し、デビューしている人がいないわけではありません。しかし、大人になってから声優になれる人は素晴らしい才能と高い実力のある、ほんの一握りの人だけです。
声優としてデビューし、活躍できる可能性を高めるためには、何よりも若いうちからの行動が鍵になります。

 

まず何からするべきか?

声優を目指すなら何はともあれオーディションです。
受けられる声優のオーディションを探し、どんどん受けましょう。

 

声優になるにも、声優になった後役をもらうためにも、オーディションはずっと受け続けることになります。最初はオーディションに通過することは全くできないかもしれませんが、挫けずにどんどん挑戦を続けましょう。たとえ通過できなくても、オーディションの経験は必ず役に立ちます。ここで怖気づいてしまうようでは、たとえ声優になれたとしても長続きしません。

 

事務所所属オーディションには、一般公募で受験できるオーディションもあります。倍率は高いですが、事務所の目に止まればデビューまでぐっと近づくことができます。

 

オーディションと並行して、演技や発声などのレッスンを受けることも大切です。声優や演技の専門学校に入ったり、劇団に所属したりなどいろいろな方法があります。声優事務所付属の声優養成所に入ることができれば、卒業時に卒業者限定の事務所オーディションを受けることができます。

 

最初に説明した通り、声優になるなら若いほど有利です。今すぐにでもレッスンをはじめましょう。

 

アニメ以外の仕事も視野に入れる

声優というとアニメのイメージが強いですが、他にも声優が必要とされる場面があります。
洋画の吹き替えやナレーション、ラジオ、CMなど活躍の場は様々です。

 

アニメが好きだからといって、アニメ声優だけに目標を絞っていると、自分の可能性や声優としての仕事を狭めでしまう原因になります。

 

アニメ声優だけで食べていけるという人はほとんどいません。他にもナレーションや吹き替えなどの仕事をしています。
そして同じ声優という仕事でも、アニメとナレーションでは求められる技術は違います。声優として活躍していくことを目指すなら、アニメのアフレコ以外についても学んでいかなくてはなりません。

 

日常生活で心がけることは?

アニメ以外にも目を向ける

アニメをたくさん見るのも良いですが、ぜひそれ以外のものについても目を向けてください。

 

特に映画や舞台、演劇などを見ることは、演技や物語を学ぶのにとても役立ちます。たくさんの音楽や小説にふれ、感受性を豊かにすることも大切です。もちろん学校の勉強から得られる知識も大切です。

 

音響監督の中には、アニメばかりでアニメのことしか知らない人は使いにくい、と話す人もいます。

 

たくさんのアニメを見る

もちろん、色々なアニメを見ることも大切です。

 

アニメ声優を目指すなら、アニメを見るのは当たり前ではないか、と思うかもしれません。しかし、もしアニメを仕事にするなら好きなものだけを追いかけるのでは足りません。

 

まずは、その時期に放送されているアニメは一通り確認しましょう。全話ストーリーをしっかりと追う必要はありません。どんな人がキャスティングされているのか、どんな雰囲気のアニメなのかを把握できればOKです。

 

エンディングのクレジットを見れば、出演している声優や、協力している声優事務所、制作会社などがわかります。どういう人が今売れているのか、どこの事務所が強いのかが把握できれば、今後目指すべき方向性や目標とする事務所が決められます。
また、作品の雰囲気から、人気のジャンルやテイストを学ぶことも大切です。自分の好みや長所を活かすことも大切ですが、トレンドを把握することも重要です。

まずは行動!

声優業界はどんどん若い人が増えています。デビューするためにも、声優として売れていくためにも、「若さ」は強力な武器になります。
武器を最大限活かすためにできるだけ早く行動をはじめてください。